温故知新 linux実践講座

温故知新 linux実践講座

温故知新。linuxを使いこなしてみよう。

ホーム » Linux入門 » RTL8111/816B CentOS

— 広告 —


— 広告 —

RTL8111/816B CentOS

所要時間 約 2分

自宅サーバが午前4時頃にこける!! という減少が2日ほど続いたので、サーバの不具合をgoogleで検索していたらRTL8111/8168BなNICをCentOSで使うときの注意点という投稿をみつけました。


現象としては、前日までは使えていたものが急に通信できなくなり、その後はnetwork restartもOS自体の再起動も効果が無く完全沈黙、という状態・・・。で、何が原因だったかというと、何かのタイミングでr8169のドライバがインストールされてしまっていた模様。

REALTEK社からドライバをダウンロード。

ダウンロードしたファイルを解凍し、root権限で ./autorun.sh で完了。

CentOS のカーネルを最新のものにする

$ sudo yum update kernel*

カーネルのアップデートについてはCentOS5のカーネルの更新方法を参考にさせていただきました。
yumでkernelを自動更新されるのを防ぐために /etc/sysconfig/kernel を変更。

#UPDATEDEFAULT=yes
UPDATEDEFAULT=no

カーネルのソースをインストール

$ yum install kernel-devel

参考URL I Need the Kernel Source

-- 広告 -- -- 広告 --

 

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイトで稼ぐ
プロフィール

ぴよふぁくとりぃです。

職業は自宅でサーバ管理、資格は薬剤師です。
趣味も職業もパソコンラブです。
よろしくね。
連絡先: admin@arakanoj.com
URL: http://piyofactory.com

検索
人気ページ
東京電力予想最大電力(万kW)
twitter
使い方を知れば知るほど楽しく使える Linux。
Linux の基本を覚えてもっともっと楽しいコンピュータの使い方を身につけましょう。