Linux実践講座

Linux実践講座

コンピュータを便利に使う tips などをメモ

--- 広告 ---
--- 広告 ---

scp の帯域制限を設定して サーバへの負荷をさける

読了までの目安時間:約 2分

自分のサーバから他のサーバへ scp を使ってファイルを転送していたら、リターンがなく stalled になったので Ctrl + C でコマンドを中止したら killed by signal 2 というエラーメッセージが表示され、転送速度の上限を設定して回避する事ができました。

wget
--limit-rateのオプション。
単位はbyte/秒
wget --limit-rate=100000 http://XXXXXX.com/aaa.tgz
これで100KB/秒で転送。

scp
-lオプション。
単位はKbit/秒
scp -l 800 root@XXXXXX.com:/aaa/aaa.tgz ./
これで100KB/秒で転送。

rsync
--bwlimitオプション。
単位はKbyte/秒
rsync -av --bwlimit=200 root@XXXXXX.com:/aaa/ ./aaa/
これで200KB/秒で転送。

参考URL

SCPでstalledがおきたときの対処

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧


最近の投稿
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。