Linux実践講座

Linux実践講座

コンピュータを便利に使う tips などをメモ

--- 広告 ---
--- 広告 ---

RTL8111/816B CentOS

読了までの目安時間:約 2分

自宅サーバが午前4時頃にこける!! という減少が2日ほど続いたので、サーバの不具合をgoogleで検索していたらRTL8111/8168BなNICをCentOSで使うときの注意点という投稿をみつけました。


現象としては、前日までは使えていたものが急に通信できなくなり、その後はnetwork restartもOS自体の再起動も効果が無く完全沈黙、という状態・・・。で、何が原因だったかというと、何かのタイミングでr8169のドライバがインストールされてしまっていた模様。

REALTEK社からドライバをダウンロード。

ダウンロードしたファイルを解凍し、root権限で ./autorun.sh で完了。

CentOS のカーネルを最新のものにする

$ sudo yum update kernel*

カーネルのアップデートについてはCentOS5のカーネルの更新方法を参考にさせていただきました。
yumでkernelを自動更新されるのを防ぐために /etc/sysconfig/kernel を変更。

#UPDATEDEFAULT=yes
UPDATEDEFAULT=no

カーネルのソースをインストール

$ yum install kernel-devel

参考URL I Need the Kernel Source

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

無料メルマガ登録
最近の投稿
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。