Linux実践講座

Linux実践講座

コンピュータを便利に使う tips などをメモ

--- 広告 ---
--- 広告 ---

postfix .forward でメール転送の設定をする

読了までの目安時間:約 2分

バーチャルドメインではなく、単純に Postfix を使っている場合のメール転送方法です。

  • エイリアスファイルと呼ばれるファイルに設定する。
  • 各ユーザのホームディレクトリに「.forward」という設定ファイルを作成する。

 

「.forward」ファイルを使用する方法でユーザごとの転送が設定できます。

 
/etc/postfix/main.cf に .forward の設定を追加します。
 

# vi /etc/postfix/main.cf
allow_mail_to_commands = alias,forward,include

# /etc/rc.d/init.d/postfix restart

 
「.forward」というテキストファイルを転送設定したいユーザのホームディレクトリに作成し、転送先のメールアドレスを記述します。
転送先が複数ある場合は、カンマで区切るか、改行して記述します。
.forward のパーミッションは 600 にします。

転送元のアカウントにメールを残す場合は、先頭にバックスラッシュをつけます。
 

\myaccount,hoge01@hoge.com,hogehoge2@hoge.co.jp

\myaccount
hoge01@hoge.com
hogehoge2@hoge.co.jp
--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

--- 広告 ---
--- 広告 ---
最近の投稿
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。