Linux実践講座

Linux実践講座

コンピュータを便利に使う tips などをメモ

--- 広告 ---
--- 広告 ---

Microsoft、「Office 2016」と「Skype for Busin

読了までの目安時間:約 3分

 米Microsoftは3月16日(現地時間)、デスクトップ版Officeである「Office 2016」の“IT専門家と開発者のための”プレビューと、企業向けコミュニケーションツール「Skype for Business」のテクニカルプレビューを公開したと発表した。

Office 2016のIT Proと開発者向けプレビュー

 法人向けOffice 365のユーザーが「Microsoft Connect」のサイトからダウンロードできる。

 正式版のすべての機能が搭載されているわけではないが、今後の毎月のアップデートで順次機能が追加されていく見込み。

 今回のリリースでは、Exchangeなどと同等のDLP(データ損失防止)の採用、OutlookでのMAPI-HTTPの採用や検索機能の強化、管理者向けの機能強化などを体験できる。

Skype for Businessのテクニカルプレビュー

 Skype for Businessは、現在「Microsoft Lync」と呼ばれている企業向けコミュニケーションツール。コンテンツ共有や電話機能などのLyncの従来の機能と、コールモニターなどのSkypeの機能が使え、Officeとシームレスに連係する。ユーザーインタフェースは一般向けSkypeと似たものになり、アイコンもSkypeになる。

 4月に予定されているLyncのアップデートで正式版Skype for Businessになる見込みだ。

 Skype for BusinessはOffice 2016のIT Proと開発者向けプレビューにも含まれているが、テクニカルプレビュー版は4月公開の正式版のプレビューという位置付けで、より安定した一般ビジネスユーザー向けになっている。Microsoftは現行のLyncユーザーにはテクニカルプレビューのダウンロードを勧めている。

 Skype for Businessのテクニカルプレビューは、TecnNet Evaluation Centerからダウンロードできる。ダウンロード可能期間は3月16日~4月30日。

この記事に関連する記事一覧

無料メルマガ登録
最近の投稿
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。