Linux実践講座

Linux実践講座

コンピュータを便利に使う tips などをメモ

--- 広告 ---
--- 広告 ---

Google Chart を使ってmyでんき予報グラフをWordPressのサイドバーに表示する

読了までの目安時間:約 5分

東京電力でんき予報のページに電力の使用状況データ (CSVデータ)あるので、PHP と google chart api を使って WordPress のサイドバーに棒グラフを表示するようにしてみました。

Google Chart に渡すパラメータ

// google chart
$chtt= ""; // グラフのタイトル
$chl = ""; // グラフのラベル
$chxt = ""; // 複数軸ラベルを指定(chxt=x,y,r,x)
$chs = ""; // グラフのサイズ
$chxl = ""; // グラフのx軸・y軸のラベル
$xcho = ""; // グラフの色
$chd = ""; // グラフの数値を指定
$chd = ""; // 補助線を指定(chg=[x軸のステップサイズ],[y軸のステップサイズ],[分断線],[空白線])
$chm = ""; // グラフの補助的な数値を表示
$chds = ""; // データスケーリングを指定(chds=[最小値],[最大値])
$chbh = ""; // 棒グラフの太さ・間隔を指定(chbh=[棒線の太さ],[棒線の間隔])
$cht = ""; // グラフの種類を指定
/*
lc - 折れ線グラフ
lxy - 折れ線グラフ
bhs - 棒グラフ(横)
bvs - 棒グラフ(縦)
bhg - 棒グラフ(横)グループ化
bvg - 棒グラフ(縦)グループ化
p - 円グラフ
p3 - 円グラフ3D
v - ベン図
s - 散布図
ls - スパークライン
r - レーダー(直線)
rs - レーダー(曲線)
t - 地図
gom - Google-o-meter
qr - QR コード

<img src=\"http://chart.apis.google.com/chart?
データの場所
http://www.tepco.co.jp/forecast/html/images/juyo-j.csv
*/

PHPでの処理

file_get_contents("http://www.tepco.co.jp/forecast/html/images/juyo-j.csv")で東電から電力の使用状況データを配列に読み込みます。

$getURL = "http://www.tepco.co.jp/forecast/html/images/juyo-j.csv";

$data =  file_get_contents( $getURL );
$data = mb_convert_encoding( $data, 'utf-8', 'shift_jis' );
$data = preg_replace( '/(\r\n|\r|\n)/', "\n", $data );
$data = explode( "\n", $data);

$data に取り込んだ情報を使いまわして Google Chart API にパラメータを渡します。後は iframe を使ってWordPress のサイドバーに Google Chart API で作成されたグラフを表示します。

";

print "\n$cmd\n
"; print "$dataUpdate

ピーク時間帯:$yosouData[1]
予想最大電力:$yosouData[0]万kW
ピーク時供給力:$peakData[0]万kW
予想最大電力情報更新時刻:$yosouData[2] $yosouData[3]
"; ?>

Google Chart の描画機能は、簡単、便利だけどラベルの位置の指定ができなかったり、細かい指定が出来ないのが気にります。商用利用でなければ JpGraph を無料で使えるので、求められる内容によって Google Chart を使うか JpGraph にするか? 選択肢があるのはありがたいことです。

参考URL 感謝です

東京電力 でんき予報
電力の使用状況データ
PHPでごりごり書いた東京電力の電力使用状況取得スクリプト
Toden Power Information: 東京電力の消費電力情報表示ツール
Google Chart API でグラフをカンタン作成!

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

--- 広告 ---
--- 広告 ---
最近の投稿
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。