Linux実践講座

Linux実践講座

コンピュータを便利に使う tips などをメモ

--- 広告 ---
--- 広告 ---

desknet’s NEO をインストールする準備

読了までの目安時間:約 4分

desknet's NEO( Linux+PostgreSQL9.2 )を今年中に運用したいので、情報収集です。
 
使用する PostgreSQL のバージョンは 9.2.1。
 

http://ftp.postgresql.org/pub/source/v9.2.1/postgresql-9.2.1.tar.gz

ダウンロードした PostgreSQL を解凍、 ./configure して gmake します。
root 以外のユーザーになり gmake check を実行し、
 

=======================
 All 131 tests passed. 
=======================

が表示されたら、exit して再び root になり
 

$ gmake install 
    .
    .
    .
PostgreSQL installation complete.

これで、PostgreSQL 9.2.1 が CentOS 6 にインストールされました。 
 
desknet's NEO のデータベース管理ユーザ postgres を作成します。
 

$ /usr/sbin/useradd postgres
$ passwd postgres
Password:

cd /home/postgresql
vi .bash_profile  ー> PATH を書き換える PATH=$PATH:$HOME/bin:/usr/local/pgsql/bin
source .bash_profile

 
データベースクラスターの初期化
データベース格納先のディレクトリを /var/pgsql/data にします。
 

$ mkdir -p /var/pgsql/data
$ chown -R postgres:postgres /var/pgsql
$ su - postgres
# initdb --encoding=utf8 --locale=C -D /var/pgsql/data
PostgreSQLを起動
# pg_ctl -D /var/pgsql/data -l logfile start

 
PostgreSQLサーバーの自動起動設定
tar を解凍したディレクトリから 起動スクリプトを /etc/init.d/ にコピーします。
 

$ cd /hogehoge/postgresql-9.2.1/contrib/start-scripts
$ cp linux /etc/init.d/postgresql
$ chmod 755 /etc/init.d/postgresql
$ vi /etc/init.d/postgresql  ー> PGDATA="/usr/local/pgsql/data" を /var/pgsql/data に変更。
$ /sbin/chkconfig --add postgresql
$ /sbin/chkconfig --list| grep postgresql

 
関連URL
NPO法人 日本PostgreSQLユーザ会
PostgreSQL9.2のインストール

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

無料メルマガ登録
最近の投稿
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。