温故知新 linux実践講座

温故知新 linux実践講座

温故知新。linuxを使いこなしてみよう。

ホーム » PHP入門 » twitter api 1.1を使って PHPでタイムラインに反応するボットを作成する

— 広告 —


— 広告 —

twitter api 1.1を使って PHPでタイムラインに反応するボットを作成する

所要時間 約 6分

自分がフォローしているユーザの情報を取得する。

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$request = $twObj->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/friends/list.json","GET",array('cursor' => '-1', 'screen_name' => 'ユーザー名'));

自分がフォローしているユーザーIDの一覧を取得する。

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$request = $twObj->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/friends/ids.json","GET",array('cursor' => $cursor, 'screen_name' => 'ユーザー名'));

自分のフォロワーの情報を取得する。

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$request = $twObj->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/followers/list.json","GET",array('cursor' => '-1', 'screen_name' => 'ユーザー名'));

自分のフォロワーのIDの一覧を取得する。

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$request = $twObj->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/followers/ids.json","GET",array('cursor' => $cursor, 'screen_name' => 'ユーザー名'));

ユーザーをフォローする。

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$request = $twObj->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/friendships/create.json","POST",array("user_id"=>'ユーザーid',"follow"=>"true"));

フォローしているユーザを削除する。

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$request = $twObj->OAuthRequest("https://api.twitter.com/1.1/friendships/destroy.json","POST",array("user_id"=>ユーザーid));

twitter でつぶやく

$tweet = 'つぶやき';
$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$request = $twObj->OAuthRequest("http://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json","POST",array("status"=>$tweet));

タイムラインの取得

$conn = new TwitterOAuth(CONSUMER_KEY,CONSUMER_SECRET,ACCESS_TOKEN,ACCESS_TOKEN_SECRET);
// タイムラインの取得
$req = $conn->OAuthRequest("http://api.twitter.com/1.1/statuses/user_timeline.json","GET",array("count"=>"50"));
 
$timeline = json_decode($req);
-- 広告 -- -- 広告 --

 

  PHP入門 

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイトで稼ぐ
プロフィール

ぴよふぁくとりぃです。

職業は自宅でサーバ管理、資格は薬剤師です。
趣味も職業もパソコンラブです。
よろしくね。
連絡先: admin@arakanoj.com
URL: http://piyofactory.com

検索
人気ページ
東京電力予想最大電力(万kW)
twitter
使い方を知れば知るほど楽しく使える Linux。
Linux の基本を覚えてもっともっと楽しいコンピュータの使い方を身につけましょう。