温故知新 linux実践講座

温故知新 linux実践講座

温故知新。linuxを使いこなしてみよう。

ホーム » Linux入門 » scp の帯域制限を設定して サーバへの負荷をさける

— 広告 —


— 広告 —

scp の帯域制限を設定して サーバへの負荷をさける

所要時間 約 2分

自分のサーバから他のサーバへ scp を使ってファイルを転送していたら、リターンがなく stalled になったので Ctrl + C でコマンドを中止したら killed by signal 2 というエラーメッセージが表示され、転送速度の上限を設定して回避する事ができました。

wget
--limit-rateのオプション。
単位はbyte/秒
wget --limit-rate=100000 http://XXXXXX.com/aaa.tgz
これで100KB/秒で転送。

scp
-lオプション。
単位はKbit/秒
scp -l 800 root@XXXXXX.com:/aaa/aaa.tgz ./
これで100KB/秒で転送。

rsync
--bwlimitオプション。
単位はKbyte/秒
rsync -av --bwlimit=200 root@XXXXXX.com:/aaa/ ./aaa/
これで200KB/秒で転送。

参考URL

SCPでstalledがおきたときの対処

-- 広告 -- -- 広告 --

 

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイトで稼ぐ
プロフィール

ぴよふぁくとりぃです。

職業は自宅でサーバ管理、資格は薬剤師です。
趣味も職業もパソコンラブです。
よろしくね。
連絡先: admin@arakanoj.com
URL: http://piyofactory.com

検索
人気ページ
東京電力予想最大電力(万kW)
twitter
使い方を知れば知るほど楽しく使える Linux。
Linux の基本を覚えてもっともっと楽しいコンピュータの使い方を身につけましょう。