温故知新 linux実践講座

温故知新 linux実践講座

温故知新。linuxを使いこなしてみよう。

ホーム » Linux入門 » Samba 4.0リリース、LinuxをActive Directoryのドメインコントローラに

— 広告 —


— 広告 —

Samba 4.0リリース、LinuxをActive Directoryのドメインコントローラに

所要時間 約 3分

@IT 2012年12月12日 から

 Samba Teamは12月11日、オープンソースのファイルサーバソフトウェア「Samba」の新バージョン、「Samba 4.0.0」をリリースした。マイクロソフトのディレクトリサービス「Active Directory」をサポートすることが最大の特徴だ。

 Sambaは、SMB(Server Message Block)およびCIFS(Common Internet File System)に対応したファイルサーバ/プリントサーバだ。LinuxやUNIXをWindowsのファイルサーバ/プリントサーバとして利用できるようになる。

 Sambaはバージョン2.2以降、Windowsドメインコントローラの機能をサポートしてきたが、バージョン4.0ではついにActive Directoryのドメインコントローラ機能を実装した。これにより、Windows 8を含むWindows OS端末に対し、グループポリシーやローミングプロファイルといったActive Directory互換のサービスを提供できるようになる。

 なおActive Directory実装に際しては、公式ドキュメントや相互互換性検証ラボの提供といった形でマイクロソフトが協力した。

 Samba 4.0はまた、既存のファイルサーバとしての機能だけでなく、LDAPサーバ、Kerberos認証サーバ、DNS、NTPといった機能も搭載。さらに、SMB 2.1のサポート、clustered tdb(ctdb)によるクラスタファイルサーバのサポートなど、多数の機能を盛り込んでいる

Samba-JP 日本sambaユーザ会

Samba-JPにようこそ

samba4
WindowsServerキラーとなるSamba4.0が公開されました より

Samba4 HOWTO

-- 広告 -- -- 広告 --

 

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイトで稼ぐ
プロフィール

ぴよふぁくとりぃです。

職業は自宅でサーバ管理、資格は薬剤師です。
趣味も職業もパソコンラブです。
よろしくね。
連絡先: admin@arakanoj.com
URL: http://piyofactory.com

検索
人気ページ
東京電力予想最大電力(万kW)
twitter
使い方を知れば知るほど楽しく使える Linux。
Linux の基本を覚えてもっともっと楽しいコンピュータの使い方を身につけましょう。