温故知新 linux実践講座

温故知新 linux実践講座

温故知新。linuxを使いこなしてみよう。

ホーム » コマンド入門 » samba で使っていた cp932 日本語ファイル名をutf8に変換する

— 広告 —


— 広告 —

samba で使っていた cp932 日本語ファイル名をutf8に変換する

所要時間 約 1分

convmv コマンドを使って、文字化けした日本語ファイル名を utf8の日本語ファイル名に変換する事ができます。

$ convmv -r -f cp932 -t utf-8 * --notest

で、カレントディレクトリ下の全てのファイルを、文字コード cp932 から utf-8 に変換できます。

Linuxでファイル名の文字コードを変換する(文字化けを直す) 、Samba 2 日本語版で作成したファイルの Samba 3 への移行方法CAPのファイル名をEUCで表示(perlのプログラム)に詳しい説明があり、とても助かりました。

上記 code.plを参考にさせていただき、 kanjiconvert.pl、kanjicv01.pl、0000kj.plを作成。

-- 広告 -- -- 広告 --

 

この記事に関連する記事一覧

アフィリエイトで稼ぐ
プロフィール

ぴよふぁくとりぃです。

職業は自宅でサーバ管理、資格は薬剤師です。
趣味も職業もパソコンラブです。
よろしくね。
連絡先: admin@arakanoj.com
URL: http://piyofactory.com

検索
人気ページ
東京電力予想最大電力(万kW)
twitter
使い方を知れば知るほど楽しく使える Linux。
Linux の基本を覚えてもっともっと楽しいコンピュータの使い方を身につけましょう。