Linux実践講座

Linux実践講座

コンピュータを便利に使う tips などをメモ

HTML JavaScript ランダムメッセージ

読了までの目安時間:約 1分

ランダムメッセージ

さんぷる

テンプレート content.php 23行に挿入

twitter authorize authenticate

読了までの目安時間:約 2分

authorize だとユーザーは必ず承認画面が表示される。

authenticate は
ユーザーが呼び出し元アプリケーションを承認している場合

・ユーザーが Twitter にログインしている場合:直ちに承認されて、呼び出し元のアプリケーション(callback URL)にリダイレクトされる。

・ユーザーが Twitter にログインしていない場合:Twitter のログイン画面が表示され、ログイン後は直ちに承認されて、呼び出し元のアプリケーションにリダイレクトされる。

ユーザーがまだ呼び出し元アプリケーションを承認していない場合、あるいは承認を取り消している場合

・ユーザーが Twitter にログインしていない場合:Twitter のログイン画面が表示され、ログイン後は直ちに承認されて、呼び出し元のアプリケーションにリダイレクトされる。

・ユーザーが Twitter にログインしていない場合:まず Twitter のログイン画面が表示され、ログイン後に OAuth の承認画面に移り、承認後は呼び出し元のアプリケーションにリダイレクトされる。

● -> PHPで「Sign in with Twitter」を実装する方法

● -> ツイッターでログインするWebサービスの基礎

● -> 【決定版】Twitter APIにも使われるOAuth認証のしくみ

twitter アクセストークン

読了までの目安時間:約 2分

「アクセストークン」とは?

ユーザーデータにアクセスするための通行証
「アクセストークン(アクセストークンシークレット)」を手に入れるには、プログラミングが必要。

● -> アクセストークンを取得する方法
わかりやすい解説に脱帽です。感謝。
アクセストークンを取得する手順がとてもわかりやすく説明されているので、勉強になりました。

file_get_contents関数が便利
● -> ファイル・URLの内容を全て読み込む - file_get_contents()

● -> Twitter API 1.1 twitteroauth php 使い方

● -> 【保存版】TwitterAPI1.1 REST API 全項目解説
このページでしっかり Twitter API で何が出来るか、チェックできますね。
日本語で書いていただいているので助かります。^^;

twitter api v1.1 OAuth認証 PHP

読了までの目安時間:約 3分

● -> PHP と Twitter API V1.1 で OAuth 認証を行う 「タイムライン取得」「呟き(つぶやき)投稿」「ログイン」(API V 1.1)
 ・Twitter OAuth認証について
 ・ホームタイムライン取得のサンプルコード
 ・つぶやき投稿のサンプルコード
 ・ログインのサンプルコード
など、わかりやすく解説されていて勉強になりました。

● -> 【保存版】TwitterAPI1.1 REST API 全項目解説
 ・重要な変更点:取得できるデータはXML、Atom、RSSが廃止されJSONのみ。
 ・REST API の使用できる関数、廃止された関数の一覧、機能説明。

● -> PHP+OAuthでTwitter

● -> PHPとOAuthでリツイートbotを作ってみた
 ・「PHP + OAuth」で特定ユーザーのツイートを公式RTするbotを作成してみた。その1
 ・「PHP + OAuth」で特定ユーザーのツイートを公式RTするbotを作成してみた。その2

● -> PHP : Twitter の APIを使った投稿ツール

● -> 【twitter】あるアカウントのツイートを片っ端から公式RTするbot

● -> Twitter RESTAPIで、ツイートID指定で一度に100件まで取得できるようになったので試しました

● -> ツイート(つぶやき)を削除する[statuses/destroy](Twitter API)

● -> Twitter API  - Syncer -

● -> twitterのStreaming apiについて

● -> 【PHP版】TwitterStreamingAPIをOAuth認証する方法

● -> PHPで「Sign in with Twitter」を実装する方法

● -> PHPでTwitter APIのOAuthを使う方法まとめ

● -> PHP で OAuth ログインを実装するなら「Opauth」が簡単で便利

● -> PHPでTwitterのOAuthを試してみる

goutteライブラリ スクレイピングの練習

読了までの目安時間:約 1分

スクレイピングするプログラムを作る時に

PHPならgoutteライブラリを使うと簡単そうだったので、

テストプログラムを作成しました。

ロリポップのチカッパプランで動作するか動作検証。

PHPのバージョンを 5.4 に変更したら、無事動作しました。

テスト1
テスト2

便利かもぉ。 ^^;

● 参考URL
Google検索のパラメータ(URLパラメータ)一覧

WordPressテンプレート BBC−Theme

読了までの目安時間:約 2分

有料のWordPressテンプレート「BBC-Theme」を
検証するためにインストールしました。
↓↓↓↓
情報源 | トレンドアフィリエイトで使えそうな情報源を掲載しています。

いつも面白いテンプレートを有料で提供してくれている近藤さん。

マニュアルがしっかりしているのと、ちょっと新しい手法を
上手にテンプレートに導入してくれているので、

「プラグインの新しい使い方を覚えられてお買い得だったな」

とか

「ググタスはここで確認すればいいのかぁ」

と購入後に思わせてくれます。

今回は

「All In One SEO」というプラグインの使い方が
思った以上に機能拡張されていて、マニュアルを読みながら

「えぇー、こんなに機能拡張してたのぉー」

と思ってしまいました。 ^^;

テンプレートも面白いですが、
時間短縮でプラグインの事も色々と学べたので
個人的にはとても満足しています。

sed で改行コードを挿入できない perlで処理

読了までの目安時間:約 1分

sedで改行コード()を挿入しようと思ったら
上手くできなかったので perl で代用。

$ cat hoge.txt | sed -e 's/<\li>\n
  • /g' cat hoge.txt | perl -pe 's/<\li>\n
  • /g'
  • まぁ、臨機応変に。 ^^;

    やっぱり気になるのでネットで調べたらありました...。

    $ cat hoge.txt | sed -e 's/<\li>\
    
  • /g'
  • バックスラッシュの後にEnterキーを押して(改行して)
    続きのスクリプトを書けばよいようです。

    ロリポップ(チカッパ) perlのcgiが500エラー

    読了までの目安時間:約 2分

    とりさんです。

    perl で書かれたアプリケーションをロリポップの
    チカッパ・プランのレンタルサーバにインストールしようと
    したら

    ERROR 500 INTERNAL SERVER ERROR...

    と表示され、途方に暮れていました。

    googleで検索したら、同じような境遇の方々が沢山いました。

    パーミッションが違う

    とか

    perl への path が /usr/bin/perl or /usr/local/bin/perl
    だとか、色々とネットに書かれていました。

    原因は改行コードでした

    ロリポップはLinux系サーバなので、perlで書かれたソースの
    改行コードを「LF」に変更したら、無事に動作しました。

    OSによって改行コードが違うのが原因でした。

    Windows CR+LF (\r + \n)
    Mac CR (\r)
    Unix LF (\n)
    

    linuxを使っている場合は

     nkf -w -Lu --overwrite hogehoge.cgi

    で改行コードをLFに変更。
    Windowsを使っている方は、TeraPadでCGIファイルを開き、「ファイル」→「文字/改行コード指定保存」を実行して、改行コードを「LF」で指定します。

    参考URL
    ●->CGI でなぜか perl のパスが通らないとき

    Goutte ライブラリでスクレイピング PHP

    読了までの目安時間:約 2分

    Goutteライブラリを使ってWebスクレイピングをする。

    goutte.phar(グート)を使うと短いソースコードで簡単にスクレイピング出来ますね。

    google API が使えなくなったので、google検索結果 上位10件が表示されたページのHTMLソースから直接、必要な部分(件名、URL、詳細)を抜き出して多次元配列にストアしました。

    あまりにも簡単にスクレイピング出来てしまったので、これからスクレイピングするなら goutte を使うようにしようと思いました。

    Goutteライブラリ=>https/github.com/fabpot/goutte
    ダウンロード先:http://get.sensiolabs.org/goutte.phar

    include_pathに配置

    https://www.google.co.jp/search?ie=UTF-8&q=ほげほげ+へろへろ

    参考URL
    ●->WebスクレイピングライブラリGoutteで遊んでみる - hnwの日記

    ●->ziadoz / scrape.php https://gist.github.com/ziadoz/3344345

    ●->Goutteを使用してHTMLを解析する方法

    保存場所 自宅サーバ/(program)/get_google.php

    simplexml_load_file() PHP

    読了までの目安時間:約 2分

    simplexml_load_file() でxmlファイルを読込む。

    get_object_vars()

    foreach (配列変数 as キー変数 => 値変数){
    実行する処理1;
    実行する処理2;
    }

    $preflist = array('Tokyo' => '東京', 'Osaka' => '大阪');
    
    foreach ($preflist as $key => $value){
      print $key.'=>'.$value;
    }
    

    多次元配列を foreach文で扱う場合は foreachのネストをつかう。

    foreach( $hoge as $key1 => $val1 ) {
        foreach( $val1 as $key => $value ) {
    
            print $key . ":" . $value . "
    \n"; } }

    自宅サーバ(programs)news_test.php 保存


    最近の投稿